MENU

利息を計算して借りるようにすれば金利負担にも安心

利用をすれば返済時に支払う必要がある利息は、カードローンでお金を借りる際に最もネックとなる部分と言えます。利息負担が大きいからとカードローン利用を躊躇ってしまう方は多く、そのまま借りずにやりくりできればそれは理想ではありますが、どうしてもお金が足りない場合にはカードローン利用を躊躇っている暇はありません。

 

特に急ぎでお金が必要になってしまったような状況ではカードローン利用も早めなければならないので、返済時の利息負担がと心配をしている間にも手続きを進めたいものでもあります。

 

そもそもなぜカードローンの利息が高いのかという点ですが、これは単純にカードローンが他のローン商品に比べて金利が高いためです。例えばマイカーローンや教育ローンでは金利が年で数%程度となっていますが、カードローンでは上限金利での利用となると17.8%や18.0%となる場合があります。銀行のカードローンであればいくらか金利は低くなりますが、それでも上限であれば14.8%などは取られてしまいます。

 

単純に金利の数値が高いために利息が大きくなり、返済の際の負担にもなります。ただ、利息に関しては必ずしも大きな金額を支払わなければならないわけではなく、借り方や返し方によっては利息の負担額を減らすことも可能です。

 

代表的な使い方が短期間の借り入れで、たとえ金利が高いとされる消費者金融であっても、借りる金額を抑えて借りる期間を短くすることで、支払うべき利息額を少なくできます。これは消費者金融でも銀行でもカードローンの基本であり、利息は借りた期間によって算出されるために短期間での返済を心がければ負担は軽くなるのです。

 

上限金利が18.0%と金利だけ見れば高く見れるモビットをはじめとする消費者金融でも、借りた後にすぐに返すようにすればモビットの利息も抑えられるようになるのです。